日本留学ナビは日本の教育機関で勉強したい人のためのウェブサイトです。

  • 日本語
  • English
  • 한국어
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • Русский
  • Монгол
  • Tiếng Việt

Ⅰ.日本の学校教育制度

日本の学校教育は、幼児が通う幼稚園から始まり、小学校(6年間)、中学校(3年間)の義務教育(9年間)を修了後、高等学校(3年間)へ進みます。そして、みなさんが進学しようとする大学、短期大学、専門学校は、日本では高等学校を卒業した者(または同等以上の学力を持つ者)が進む教育機関であり(図1)、それぞれの修業年限や教育の内容に特徴を持っています。各学年のスタートは一部を除いて4月です。したがって多くの受験は、4月入学をめざし行われるので、スケジュールに注意が必要です。

1. 大学(大学院)・短期大学

ふつう大学は4年間、短期大学は2年間の修業期間になっています(大学院の標準修業年限は、修士課程2年、博士課程5年、専門職学位課程2年)。いずれも、国立、公立(都道府県市立等)と私立とに分かれていますが、大部分が私立の学校です。現在、日本の高校卒業者の約半数が大学、短期大学に進学しています。 2012年5月1日時点で留学生数137,756人のうち69,274人が大学、39,641人が大学院、1,603人が短期大学に在学しています。

大学(大学院)の特徴

4年制大学は、学部で構成されており、人文学科系(文学部、外国語学部など)、社会科学系(法学部、経済学部、商学部など)、自然科学系(理学部、工学部、農学部など)に大きく分けられ、さらに学部が学科(英文学科、法学科、経済学科など)に分かれています。大学院では、それらの系統・学部によって、「修士」「博士」「専門職学位」の学位が授与されます。

大学は、通常4年間で124単位以上を修得して卒業することができ、卒業時には「学士」の学位が授与されます。

短期大学の特徴

短期大学は、学部ではなく学科で構成され、人文系(国文科、英文科など)、社会系(ビジネス科、秘書科など)、教養系(教養科、国際文化科など)、工業系(自動車科、電気科など)、医療系(看護か、臨床工学科など)、教育系(幼児教育科、児童福祉科など)、家政系(食物栄養科、ファッションデザイン科など)、芸術系(美術家、デザイン科など)、その他に分けられます。

卒業に必要な単位数は62単位以上(修業年限が3年の場合、93単位以上)。

卒業時には「短期大学士」の学位が与えられます。

Picture 1 Outline of the Education System in Japan

2.専門学校

専門学校は、都道府県知事の認可により「職業教育」を行う高等教育機関として位置づけられています。2012年5月1日時点で、25,167人の留学生が専門学校で学んでいます。また、日本国内の専門学校進学者数は短大進学者数を上回り、社会的にも確かな地位を築いています。

専門学校の特徴

専門学校は「社会ですぐに役立つ職業能力を養う」ことを目的とするため、職業と密接に結びついた教育を行い、仕事に必要な知識や技術を学びます。その教育分野は学習内容によって、工業、商業実務、医療、衛生、文化・教養、教育・社会福祉、服飾・家政、農業分野の8分野に区分sれています。そして、それぞれの系統の中で学科が設けられています。(表1参照)。教育内容も実習が多く取り入れられ、実務的なものが中心になります。このような特徴を持つ専門学校ですから、大学、短大への進学に比べて、より具体的な将来の目標(職業)を定める必要があります。自分が何をしたいのか、どんな技術を身につけたいのかによって、学校の選択が決まってくるのです。

修業年限2年以上、総授業時間数1,700時間以上などの要件を満たした課程を修了すれば、「専門士」の称号を得られ、大学3年次(場合により2年次)に編入学できます。また、4年制の学科では、修業年限4年以上、総授業時間3,400時間以上等の課程を修了すれば、「高度専門士」の称号を得ることができ、大学院入学資格が与えられます。

<表1 専門学校の8分野>
8分野 主な設置学科
工業系 建築、土木、測量、建設、電子工学、電気、放送、通信、自動車整備、機械、コンピュータ、情報、航空整備 他

商業実務系

簿記、会計、経理、経営、秘書、観光、ホテル、ビジネス、医療事務 他

医療系

看護、臨床検査、臨床工学、診療放射線、歯科衛生、歯科技工、リハビリテーション、柔道整復、はり、きゅう 他

衛生系

栄養、調理、製菓、製パン、利用、美容、メイク、エステ、ネイル 他

文化・教養系

音楽、美術、造形、デザイン、放送、芸術、写真、語学、通訳、動物看護、トリマー、法律行政、スポーツ 他

教育・社会福祉系

保育、幼児教育、社会福祉、介護福祉 他

服飾・家政系

服飾、ファッションデザイン、和裁、きもの、ファッションビジネス 他

農業系

農業、園芸、造園、バイオテクノロジー 他

pagetop