日本留学ナビは日本の教育機関で勉強したい人のためのウェブサイトです。

  • 日本語
  • English
  • 한국어
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • Русский
  • Монгол
  • Tiếng Việt
東京 / 専門学校 (東京都 / 専門学校)

読売理工医療福祉専門学校

読売理工医療福祉専門学校

Pamphlet

Main_4005

資格取得や技術が身につくカリキュラムと留学生を応援する学費支援制度が充実

Address 〒108-0014東京都港区芝5-26-16
TEL(JAPAN) 0120-064-490
E-mail mail@yomiuri.edu
URL http://www.yomiuririkou.ac.jp

留学生のみなさんへ

読売理工学院は創立にあたって、「建学の精神」を定めました。
「建学の精神」の中で「自由で、創造性豊かな全ての青年たちに、民族や宗教、国境を越えて門戸を開き、未来の地球を支える科学技術力を、実学、実習、実践を通じて身につける」と、民族や国境を越えた人材育成を行うことにしています。創立からすでに多くの留学生が本学院を卒業し、日本だけでなく世界各地で活躍しています。
 本学院では、留学生も日本人と共に学ぶ環境で勉学をすることで、日本文化の理解、日本語能力向上をしてもらう工夫をしています。
 生活面では、留学生相談室を設けて日常生活の相談にも応じるほか、日本語のレベルアップやそれぞれの希望に即した大学編入や就職指導など留学生の皆さんにきめ細かな対応を進めています。

学校の特色

読売理工医療福祉専門学校は、工業専門課程5学科ほか社会福祉専門課程介護福祉学科の6学科が留学生を受入れています。
 工業専門課程には、地震や災害に強い建物の技術と資格取得を目指す建築学科、産業や生活に欠かせないエネルギー「電気」について知識や技術を身に着ける電気電子学科、モバイルのプログラムや映像配信を学ぶクロスメディア情報学科、放送映像の技術や知識を学ぶ放送映像学科とTVディレクター学科の5学科があります。工業専門課程は卒業後、日本で仕事ができる「人文知識・国際業務・技術」の在留資格を取得できることも多く、日本国内での就職も可能です。
 社会福祉課程の介護福祉学科を卒業して場合、現在(27年4月)は日本での仕事ができる在留資格を取得することが出来ません。卒業後は、大学への進学を考えて入学してくる留学生もいます。

Feature1_4005

電気電子学科の実験実習風景少人数のグループで電動機実習

Feature2_4005

建築学科の授業風景

学部・学科・コース一覧

学部 学科 専攻・コース その他
工業専門課程 建築学科 共学 2年
電気電子学科 共学 2年
クロスメディア情報学科 共学 2年
放送映像学科 共学 2年
TVディレクター学科 共学 2年
社会福祉専門課程 介護福祉学科 共学 2年
ケアキャリア養成科 共学 2年

カリキュラムの特長

1日の授業時間は9:00から16:10ですが、工業専門課程では専門教科を含む殆どの授業を14:30までに修了するようにカリキュラムを組んでいます。14:30以降は資格対策や留学生には日本語授業など、専門教科以外の充実もはかっています。
全ての学科で留学生クラスは設けておらず、日本人と一緒に学ぶ環境から会話力や日本人とのコミュニケーション力の向上ができます。

Curriculum_4005

初年度納入金

【工業専門課程】
建築学科  1,204,500円
電気電子学科  1,184,500円
クロスメディア情報学科  1,204,500円
放送映像学科  1,284,500円
TVディレクター学科  1,224,500円
【社会福祉専門課程】
介護福祉学科  1,154,50円
ケアキャリア養成科  934,500円

奨学金・特待生制度

制度名 給付/貸与/免除 金額 返還方法 応募条件・選考方法など

留学生特別奨学金制度

免除

200,000円

卒業すれば返済義務なし

入学後の出席率が基準を満たした場合、申請により留学生特別奨学金として10万円を1年後期、2年前期の学費から減額をする制度です。

推薦学費減免制度

免除

入学金より各学科所定の金額を減額する制度

返済義務なし

日本語学校ならびに本校の推薦基準を満たし、日本語学校から推薦されて入学試験に合格した場合

応募条件・選考方法など

入試の名称・種類 出願期間 選考方法など

日本語筆記試験

 回   試験日          受付期間 
1回 10月 8日(土) 14:30   9月13日(金) 
2回 10月23日(日) 14:30  10月14日(金)  
3回 11月 6日(日) 10:00  10月28日(金) 
4回 11月13日(日) 14:30  11月 4日(金) 
5回 11月27日(日) 14:30  11月18日(金) 
6回 12月11日(日) 10:00  12月 2日(金) 
7回 12月18日(日) 14:30  12月 9日(金) 
8回  1月15日(日) 14:30   1月10日(金) 
9回  2月 5日(日) 14:30   1月27日(金) 
10回  2月19日(日) 14:30   2月10日(金) 

日本語筆記試験は、出願前に行います。内容は日本語能力試験N2同等レベルの確認を行う内容です。
ただし、日本語能力試験N2以上、日本留学試験200点以上、BJT ビジネス日本語能力テストで400点以上の証明がある方は免除になります。

言語知識、読解、聴解の3分野について能力判定を行います。

入学試験

回 試験日 受付期間 
2回 10月 8日(土)   9月 1日(木) ~ 9月27日(火) 
3回 10月23日(日)   9月28日(水) ~ 10月11日(火) 
4回 11月13日(日)  10月12日(水) ~ 11月 1日(火) 
5回 11月27日(日)  11月 2日(水) ~ 11月15日(火) 
6回 12月18日(日)  11月16日(水) ~ 12月 6日(火) 
7回  1月15日(日)  12月 7日(水) ~ 12月27日(火) 
8回  2月 5日(日)   1月10日(水) ~  1月24日(火) 
9回  2月19日(日)   1月25日(水) ~  2月 7日(火) 
10回  3月 5日(日)   2月 8日(水) ~  2月21日(火) 
11回  3月13日(日)   2月22日(水) ~  2月28日(火) 

●出願資格
日本語能力試験N2以上、日本留学試験200点以上、BJT ビジネス日本語能力テストで400点以上の証明、日本語筆記試験合格通知により日本語能力が証明でき、本校がもとめる書類が願書と共に提出できる方が受験できます。
でき、本校がもとめる書類が願書と共に提出できる方が受験できます。

●選考方法
本試験では、日本語能力ならびに次の試験を総合的に判断して合否を決定します。
・書類審査(在留資格、入学資格、日本語能力、経費支弁等を書類で審査)
・作文(400文字の原稿用紙、45分間)
・面接試験

地図

  Pamphlet

pagetop