日本留学ナビは日本の教育機関で勉強したい人のためのウェブサイトです。

  • 日本語
  • English
  • 한국어
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • Русский
  • Монгол
  • Tiếng Việt
神奈川 / 大学 (神奈川県 / 大学)

日本映画大学

日本映画大学

Pamphlet

Main_4071

映画と過ごす4年間、キャリアを切り開く『力』が身につく新しい学びの場
映画という世界の共通言語を学びグローバルな視野を身につける

Address 〒215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-16-30
TEL(JAPAN) 044-951-2511  
E-mail info@eiga.ac.jp
URL

留学生のみなさんへ

日本映画大学では、映像コンテンツの制作を通して、高い実行力とコミュニケーション能力を身につけ、幅広いフィールドで活躍できる人を育成します。
大学では、すでに多くの学生が、映画制作の知識や技術はもちろん、豊かな教養、映画理論や映画史、文化評論の学術「知」を身につけることを目指し、日々精進しています。
映画を通して、地域コミュニティを力づけることに貢献し、研究の拠点として世界とつながり、活発な文化交流を推進しています。

学校の特色

映画学部 映画学科
2年次より系・コースに分かれて学びます。

◆演出系
・演出コース
「見つめる」「感じる」「伝える」 物語を、人を描くために人と交わり合うことで演出の神髄を探る。
・身体表現・俳優コース
肉体訓練を通じて身体感覚を発見し、演技を通じて他者との関係を意識し、観客の前で表現することを目指す。
・ドキュメンタリーコース
ドキュメンタリーをとおして人間を見つめる。企画、撮影、編集、すべてを体験的に学ぶ。

◆技術系
・撮影照明コース
照明やフレーミング、キャメラワークなど映像表現技術を身につける。
・録音コース
撮影現場での録音から、スタジオでの整音、加工、最終ミックスまで、映画の音を作るすべてのプロセスを学ぶ。
・編集コース
撮影された素材を新たに組み立て直し、より深いドラマの解釈を提示できるのが編集の魅力。

◆文章系
・脚本コース
映画作りの要となる「脚本」を軸に、多様な映画表現の可能性を探究していく。
・文芸コース
小説、評論などを書くために必要な知識と方法を身につけ、文章を書く力を徹底的に鍛える。

Feature1_4071

北京電影学院と学術交流協定を締結しています。写真は交流イベントの様子。

Feature2_4071

世界の代表的な映画教育機関が加盟するCILECTに参加しています。

学部・学科・コース一覧

学部 学科 専攻・コース その他
映画学部 映画学科 演出コース 共学 4年
身体表現・俳優コース 共学 4年
ドキュメンタリーコース 共学 4年
撮影照明コース 共学 4年
録音コース 共学 4年
編集コース 共学 4年
脚本コース 共学 4年
文芸コース 共学 4年

カリキュラムの特長

実習と演習
映画制作の技術を実践的に身につける実習型授業、学生が主体的に参加する少人数の演習型授業が豊富です。

講師陣
講師陣は、現役の映画監督や専門技術者、文芸評論家など、業界の最前線で活躍中の人ばかりです。入学直後から、プロによる本格指導が受けられます。

Curriculum_4071

初年度納入金

188万円(入学金30万円/前期学費79万円・後期学費79万円)

奨学金・特待生制度

制度名 給付/貸与/免除 金額 返還方法 応募条件・選考方法など

今村昌平記念奨学金制度

給付

①4年次の学費全額(158万円)相当額
②4年次の学費半額(79万円)相当額

返還不要

3年次終了時における学業成績優秀者から選考(通算GPA3.5以上)
①5名以内 / ②若干名

私費外国人留学生授業料減免制度

免除

年額15万円

返還不要

「留学」の在留資格を有する私費外国人留学生で、経済的理由により授業料の納付が困難であり、かつ、学業成績が優秀であると認められる者

応募条件・選考方法など

入試の名称・種類 出願期間 選考方法など

※日本映画大学ホームページ、学生募集要項で確認してください。

※日本映画大学ホームページ、学生募集要項で確認してください。

※日本映画大学ホームページ、学生募集要項で確認してください。

地図

Pamphlet

pagetop